フリーローンの審査基準は貸金業者はどこでも同じですか?

フリーローンといわれている借入の審査基準は、貸金業者ならどこでも同じなのですか?

フリーローンの審査は基本的に同じ、通過ラインが違うだけでは?

フリーローンやカードローンの審査は、金融機関によって基準が違うと言われてるよね、だけど審査内容はほぼ同じなんだよね、だって、その人が返済できるかどうかを調べるんだから、収入はどのくらいあるかとか、勤続年数はどのくらいだったら、今後も同じ仕事で年収もこれくらいだろうとか、既婚者だから家族を守る責任を担ってるなとか、過去に金融事故は起こしてないかとかね、調べることは一緒なんだよ。

だけど、会社によって通過ラインが違うということだと思うんだ。たとえば、金融事故内容が、滞納が一種類だけで、現在完済しているなら審査に通そうとか、一回でも滞納の記録があれば審査は通さないなどという通過ラインね。審査が甘い方が現在完済してるなら審査に通してもいっか。という方で、審査に厳しい方が一種類でも滞納があれば審査には絶対通さないという方。という感じ。しかーし!ここで大事なお話があります。

フリーローンは、カードローンとは違って、審査に通れば一括で借入をするものです。50万円のフリーローンを借り入れたら、一度に50万円を受け取って、毎月返済だけをするもだろ、50万円の返済が20万円まで減ったとしても、追加の借入はできないよね。カードローンは、限度額が来ても、返済を続けていれば、また限度額までは借入ができる。ということは、フリーローンは、銀行や信用金庫などの銀行法のくくりに入る金融機関の商品ということになるよね。だからさっきの審査の通過ラインが厳しい方なんだ。

厳しい審査ラインの中でも、銀行や信用金庫など若干の違いがあるかな?って程度だと思う。別の言い方をすれば、カードローンは、銀行も消費者金融も取り扱っている商品だから、フリーローンは審査は厳しいけど、カードローンは、厳しい金融機関と甘い金融機関との差がある。という表現になるね。さらに、貸金業者と表現しているということは、フリーローンとカードローンの違いがわかっていなかったということかも?上記で説明したように、全然違うから把握しといてね。

カードローンの場合なら、審査の通過ラインは貸金業者によってさまざまだよ。大手の消費者金融よりも中小の消費者金融の方が審査は緩めという話もあるし、街金ならより審査が緩い。だけど高金利になりがち。審査のゆるさと金利の高さは比例してるといえるかもね。

フリーローンの利用の際に重要な審査基準とは

住宅ローンや教育ローンなどは、予め貸し出しを行う金融機関により、その融資されたお金の用途が定まったものです。しかし、フリーローンはこの用途が限定されず、個々の目的に応じ自由に利用できる金融商品なのです。具体的には、カードローンやキャッシングという金融商品は、このローンに該当します。

このフリーローンは担保や保証人が必要の無いサービスです。そして、一定の基準を満たした方であれば、簡単な手続きのみで融資を受けることができるようになっているのが特徴なのです。しかし、融資されたお金の使用目的の定まったローンに比べ、金利が高めになっていることもありますので、各業者で異なる金利差を把握して、このフリーローンを選ぶ事が大切になるのです。

このローンの審査基準としては、二十歳以上の方で、一定の基準を満たす収入がある方に限られます。又、融資における年齢制限は、六十代後半までとなっている業者が多くなります。また、審査基準としては毎月の安定した収入があることが条件ですが、場合により専業主婦の方でも必要書類を提出することで借入れが可能となる業者もあります。

そして、このフリーローンの申込みには、身分証明のために運転免許証や健康保険証が必要となります。又、借入を希望する金額が高額になるような場合は、収入を証明する源泉徴収や給与明細なども提出する事が必要になります。その為、このフリーローンを利用する際は、希望する借入額や返済方法などを検討して、入念な計画を立てておくことが大切になるのです。そして、このサービスを利用する際には、審査基準の度合いが各金融業者によって異なるため、複数の業者を比較して、利用に適した業者を選ぶことが賢い利用方法となります。最終的に業者で借入れのための審査が終了した際には、本人確認のための電話連絡が勤務先などにありますが、この在籍確認が済めば、指定の口座にお金が振り込まれることになるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【ブラックでも借入れ出来たら要注意】知って安心カードのしくみ All Rights Reserved.